×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天才柳沢教授の生活(23)

青年柳沢教授の教え子たち、はたまた進駐軍のMPの家族にも変化が!! 道路は右端を歩き、横断歩道以外で道を渡らない。
安くてうまい“あじの開き”のためなら、足を棒にしても歩きつづける。
本書は、Y大経済学部教授柳沢良則の克明で愉快な記録である。
猫実工大の教授・Dr.モローこと諸隅公一(もろずみこういち)は自律型二足歩行ロボットの研究に没頭しているが、なかなか思うような成果が出せずにいた……。
そんなある日、螢一たちが住む他力本願寺を訪れたDr.モローは完璧な自律型二足歩行ロボット・ばんぺいくんを目撃してしまい……。
万次(まんじ)との再会、そして“首斬り浅”との対決――! 不死の実験体として地下牢に幽閉された万次を救出するため、仇敵・逸刀流(いっとうりゅう)の少女剣士・吉乃瞳阿(よしのどうあ)と手を組み、共に江戸城へと潜入した凜(りん)。
しかし万次が幽閉された地下牢は、死者と犠牲者と殺戮者が蜷局(とぐろ)を巻く、恐るべき「鬼の巣」であった。
斬首人“首斬り浅”をはじめ、次々と現れる強力な敵! 活劇に次ぐ活劇!! 衝撃の結末に向け、[不死力解明編]は遂にクライマックスへと突入する!!!女に捨てられ、働かなければならなくなった暴走族・走愛會のリーダー宮城傭平は、プロフェッショナルを目指す為に業界最大手の派遣会社、株式会社モストマンチョイスに入社する。
傭平が配属された第9課への依頼は、変な仕事ばかりだが、持ち前の暴走族魂で熱血労働する。
女に捨てられ、働かなければならなくなった暴走族・走愛會のリーダー宮城傭平は、プロフェッショナルを目指す為に業界最大手の派遣会社、株式会社モストマンチョイスに入社する。
傭平が配属された第9課への依頼は、変な仕事ばかりだが、持ち前の暴走族魂で熱血労働する。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60018919