×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

陰陽師飛天ノ巻

「童子のあやかしが出没し、悪さを働いているようだな、博雅」「よし。
では、ゆくか晴明よ」。
われらが都を魔物から守れ。
百鬼が群れる平安京の闇の果て、幻術、風水術、占星術を駆使し、難敵に立ち向う希代の陰陽師・安倍晴明と笛の名手・源博雅。
名コンビの活躍、すがすがしくて、いと、おかし。
「天邪鬼」「下衆法師」「陀羅尼仙」「露と答へて」「鬼小町」「桃薗の柱の穴より児の手の人を招くこと」「源博雅堀川橋にて妖しの女と出逢うこと」の7篇を収録したシリーズ2巻目。
1972年「赤旗」平壌特派員となった私は、大阪の定時制高校で席を並べた親友の尹元一(ユンウォニル)を訪ねた。
友は「地上の楽園」で幸せに暮らしているはずだった──なぜ金日成は帰国運動を必要としたのか。
書かれざる日本共産党と在日朝鮮人運動の関係とは。
「突出する力作」(深田祐介氏)、「人を動かす力をそなえた作品」(立花隆氏)。
明らかにされる重大事実とともに理想を信じて北へ帰った人々の悲劇を描き、満票で第30回大宅壮一ノンフィクション賞に輝いた記念碑的名作。
出会いほど素敵な瞬間はない! 高校三年生の伊達公子に出会って、無気力な編集者だった僕は、スポーツライターに転身した。
それから十年。
中田英寿に出会い、武豊に出会い、有名無名さまざまな出会いを経験した。
ときに怯え、二日酔いに苦しみ、ワールドカップの取材にあえぎ、阪神タイガースに救いを求めつつ──日本がどうやったら勝てるか、心底からの気持ちを文字にし続けたら、気がつくと今の僕があった。
金子達仁が新境地をひらく瞬間に立ち会える記念碑的エッセイ集。
老舗西陣織織元の当主・小林総左衛門のもとをアメリカ副大統領の美人令嬢キャサリンが訪問する。
華やかな着物に目をみはるキャサリンだが、業績の不振ぶりをうわさされるわりには趣味にお茶屋遊びにと大金をつぎこむ旦那の生活ぶりを不思議に思う。
そんな折、総左衛門が入れあげていた舞妓が殺され、小林家の財産を狙う百鬼夜行の正体が白日のもとにさらされるが……。
伝統社会と開発とのあいだで揺れる古都の様態を洒脱なトリックを絡めながら描いた傑作ミステリー。
読売新聞朝刊でおなじみの四コママンガ。
おじいちゃん、おばあちゃんを加えた三世代が暮らす田畑家は、いつもほほえみの絶えない幸せな一家です。
この頃はあなたは何をしていましたか? 日本の家族の原風景、笑いとさびと懐かしさがたっぷり効いた珠玉の四コマ。
【1982年4月〜8月分収録】続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006022