×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

暮れ六つ同心(下)

事件の謎を追う九三郎の母と嫁の千登世は、敵に捕らわれる。
真相を知った二人は、脱走を計るが…!! 生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く―死に死に死んで死の終わりに冥し――悪を裁く謎の人物・投げ独楽頭巾の正体とは…!?金も仕事も生きる希望もない男・狸穴勇介は、日々の空腹と性欲を満たすことだけを考え毎日をやり過ごす。
しかし岡辺京子を犯したところから、京子との腐れ縁が始まることに…!! 人間の本質的な欲望を、ありのままに描いた衝撃作!!生きることに望みを持てない男・狸穴勇介と、新興宗教に没頭する女・岡辺京子は変わらず関係を持ち続けている。
京子のことを醜いと思いつつも欲望が抑えきれない勇介。
そして京子は母や叔母の、性に取り囲まれた姿に嫌悪感を持ちながらも、勇介のもとへと向うのだった…。
京子に妊娠したことを告げられた勇介は、京子の紹介で、仕事を始める。
一方、京子の叔母は、堕胎を勧めるが、京子は「神我の湖」の教えどおり、生むことを決意。
そして二人に長男・正義が生まれる…。
欲望に生きる男女の、歪んだ愛を通して見えるものとは…!?息子・正義の誕生後も、なぜか孤独を感じ続ける勇介。
そんな中、幼い頃自分を捨てた母親と見知らぬ弟が勇介の前に現れる。
愛を信じられぬ男・勇介と、愛と神に生きる女・京子との間に愛が生まれる日はやってくるのか。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010463