×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



失われた一夜

目を覚ましたダニーは、裸でベッドに横たわっているのに気づいて愕然とした。
長年のいがみ合いを改善しようと、ダニーは人気俳優のボーと一緒にこの別荘にやってきた。
だが夕食の席で酒を飲み、そのあとの記憶はまったくないのだ。
覚えているのは、ボーと愛を交わしたとぎれとぎれの記憶と、それがとてもすばらしいものだったということ。
ダニーは浮かんできた情景にいたたまれなくなってその場から去った。
一夜の過ちが思いがけない出来事の始まりになるとは想像もせずに。
十七歳のときに味わった体験から、アリソンは男性への恐怖と警戒心を拭えないでいる。
そんな彼女が、一夜の大胆な行動に出た。
セクシーなドレスをまとい、パーティで知り合ったばかりの男性と夜をともにしたのだ。
すばらしい夜だったけど、彼とは二度と会うこともないだろう。
だがある日、オフィスに入ってきた男性を見て彼女は目を見張った。
ジョージ!思わず胸が高鳴ったものの、アリソンの心は打ち砕かれた。
地味な格好をしたアリソンに彼は気づいてもくれなかったのだ。
デイジーはイギリスの田舎にあるハミルトン家の家政婦の娘。
ハミルトン家の息子マットは、デイジーにとってあこがれの王子さまだった。
彼は大学入学とともに家を離れ、今は実業家として成功している。
半年前に彼の妻は生後間もない娘を残して事故死した。
そのマットが娘を連れてクリスマスに帰ってきた。
胸を高鳴らせて彼を迎えたデイジーだったが、以前と違ってよそよそしい彼の態度にとまどうばかり。
私は十八歳、もう大人よ。
あなたを誘惑してそれを証明してみせる!愛する娘を排水溝から救い出した男性を見て、ケリーは驚きを隠せなかった。
ジャレッド・コルトン――かつて思いを寄せたけれど、遊び人と評判の彼とはつきあうわけにはいかないと、泣く泣くあきらめた相手だったのだ。
聞けば今でも彼は一人の女性とつきあうことはないという。
ケリーは距離を置こうと決意したが、ジャレッドは何かと口実を設けて、彼女を訪ねてくる。
いったいどうしたらいいの?ケリーは途方にくれた。
ジェーンが目覚めると、隣で誰かが寝息をたてていた。
なんとラリー子爵が裸で横たわっている!手違いで寝室を間違えてしまったらしい。
ジェーンは結婚前の清純な娘だ。
おかしな噂がたてば一大事。
心配したジェーンの姉とその夫である伯爵が出した結論は、このままラリー子爵と結婚するというものだった。
数々の浮き名を流す子爵が私みたいな田舎娘に求婚するはずないわ。
たかをくくっていたジェーンだったが、意外にも子爵は顔色ひとつ変えず、求婚してきた。
そして……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013260